未分類

厄年女性の注意すべきことは?年齢別、最適な厄年の乗り越え方

更新日:

厄年とは、厄災に遭いやすいとされている年齢のことです。
平安時代からすでに存在しており、現代でも根強く信じられている風習です。
年齢も、神社や寺院によって違いがあったり、年齢の数え方も実年齢や数え年だったり
と、地域によって異なることもあります。

まず一般的な厄年の年齢ですが、
男性は数え歳で、25歳・42歳・61歳
女性の場合は、19歳・33歳・37歳とされています。
男性の42歳、女性の33歳は大厄と呼ばれており、凶事や災難に遭う率が非常に高いため
いちばん警戒しなければならない年齢とされています。
それらの年齢が大厄とされた理由の1つとして、語呂合わせで42歳は「死に」、33歳は
「散々」に通じるため、ということがあります。
つまり科学的な根拠は無いのです。

しかし、男女でそれぞれこの年齢になると体力が落ちたり、身の回りの環境ががらりと
変わったりする時期だということは納得できますね。

厄年の結婚が良くないとされる理由は?
厄年でも結婚や仕事に前向きになるためにするべきこと

おめでたいこと としてまずあげられるのが結婚ですね。

厄年は平安時代の陰陽道の考えにもとづいておこったといわれ、江戸時代には庶民の間
にも定着していたようです。
江戸時代といえば、平均寿命が40代。30代は人生の中盤~終盤を意識するタイミングだ
ったわけです。身体的な面での変化や自分を取り巻く環境の変化に気をつけなさい!と
いう意味での30代の厄年。
そして「厄年の時期は災難が起こりやすいのでおめでたいことは避けるべき」という解
釈から、厄年の時に結婚が良くないと言われるようになったそうです。

生活の形がすっかり変化した現代では、必ずしも当てはまるわけではありません!

厄年はあくまでも「気を引き締めておくべき年」と捉え、気にし過ぎる必要はありませ
ん。厄年だからと言って、結婚のタイミングをずらしたりする必要はないんです!
引越しや転職の機会を逃す必要はないんです!

厄年を迎えるにあたって不安を感じている方にオススメしたいのはやはり「厄払い」。
調べてみると、「厄除け・厄払いのご利益スポット」が全国各地にあるようです。
厄払いを受ける時期は、古くからお正月の松の内、節分などと言われていますが、
最近では一年を通してお祓いを受ける方が多いそうです。
さまざまな災厄を祓うため厄除けの祈願を受けて、心身ともに清らかな気持ちで
厄年を過ごしたいものですね。

厄年女性への贈り物、厄年を無事に乗り越えるために送る最適なプレゼントはこれ!

今年厄年の家族や友人などに送る贈り物。
何を送ったらいいか悩みますね。

厄除けには長いものがいいとされています。
厄年という風習が始まった平安時代から、贈り物に着物の帯や腰紐などが使われていた
ことから長いものを送るという風習が残ったようです。
現在では、着物を日常的に着る人が少ないことからも、長いものとしてネックレスやブ
レスレット、マフラー、スカーフなどを贈る人が多いようです。
アクセサリーなどオシャレもでき、厄除けもできまさに一石二鳥ですね。

他には、ウロコ模様の物、七色の物が良いとされており、財布やバックを選ぶ人も少な
くないようです。オーダメイドで作る七色のネックレスや数珠なども特に人気が多いよ
うです。

まとめ
厄年の情報はたくさんありますよね。
科学的根拠がないとはいってもやはり気になる厄年。
厄年は、自分の日頃の生活を見直し悪い部分を改める良いきっかけ、と前向きにとらえ
れば気持ちも楽になります。
また、神社で厄払いをしてもらうことで気分転換にもなり、パワーをいただいて新たな
気持ちで厄年を乗り越えることができそうですね。

みなさんが無事に厄年の3年間を乗り切れますように!

-未分類

Copyright© マンション理事長の苦悩のつぶやき , 2020 All Rights Reserved.