未分類

知らないと恥ずかしい!お正月の玄関飾りはいつ飾っていつまでに片付けるの?

更新日:

クリスマスが終わると、一気に年末モード。
新年を迎えるために、お正月飾りを玄関先に飾るお宅も多いですよね。
毎年、大掃除が終わったあとに鏡餅や門松、しめ飾りなどのお正月飾りを飾る方が多いと
思います。そして、お正月を迎えたあとに片付けるタイミングもなんとなく、、、
そこで、今回はお正月飾りを用意するのにふさわしいタイミング、正しく処分する方法な
どについて詳しく見ていきましょう。

お正月飾りの中で最も重要とされているものは?!門松・しめ飾り・鏡餅の意味、役割について

お正月飾りは、歳神様を家にお迎えするために行なうものです。江戸時代から庶民に広ま
り、今では門松やしめ飾り、鏡餅を飾るのが一般的です。
門松とは、家の門の前などに立てられる松や竹を用いた正月飾りのことです。古くは、木
のこずえに神が宿ると考えられていたことから、門松は歳神様を家にお迎えするという意
味があります。

しめ飾りは、しめ縄に縁起物などの飾りをつけたものをいいます。
もともとは、神社がしめ縄を張りめぐらせるのと同じ理由で、自分の家が歳神様をお迎え
するのにふさわしい神聖な場所であることを示すために始まったといわれています。
しめ縄やしめ飾りを施すことで、その内側が清らかな場所となり、歳神様が安心して降り
てきてくださるという意味合いが込められています。

鏡餅とは元来、歳神様へのお供えとした餅のことで、その形は「三種の神器」鏡・玉・剣
を表しているといわれています。
鏡餅のもちはかつては、もっと平たいものだったそうですが、平たくて丸い形が鏡に似て
いることからこの名前がついたという説もあります。

どれが一番重要な飾りということはなく、それぞれの生活に合わせてできるかたちで歳神
様をお迎えしましょう。

お正月飾りを飾るタイミング、片付けるタイミングは?!

お正月飾りは松の内と呼ばれる12月13日〜28日の間または30日に飾るのがいいと言われて
います。29日は(二重苦)・(苦待つ、苦松)を連想させ、縁起が悪いとされているので控えた
ほうがよさそうです。
なお、31日は正月の前日であることから「一夜飾り」として神様に失礼だとされています。
また、お正月飾りを片付ける時期についてですが、関東地方では歳神様を祀る期間が終わ
る1月7日までで外すのが多いようです。
しかし、関西では松の内が明ける1月15日までで外す地域もあるそうです。

お正月飾りに手作りの水引を加えて運気アップ!?手作りのご祝儀袋にもアレンジできる水引の結び方は?

お正月飾りに使われる水引にも意味が込められているのを知っていますか?
水引は和紙を紙縒り(こより)状にして作られたもので、「水はすべての汚れを清めてく
れる」ということから、清浄を意味します。
今では水引は100円ショップなどでも購入することができ、手作りのお正月飾りを楽しむ
方も増えているそうです。代表的な水引の結び方に「あわじ結び」があります。初心者の
方でも結びやすいのでおすすめです。
結び方をマスターしてしまえば、紅白水引にアートフラワーを添えることでシンプルモダ
ンなしめ飾りにしたり、プリザーブドフラワーを使用して上品な雰囲気にしたり、バリエ
ーションは無限です。
さらに金銀の水引と新年のラッキーカラーのお花で運気アップを狙うのもあり!!
余った水引は、小さな蝶の形やお花の形にしてポチ袋をゴージャスにしたり、本のしおり
や、髪飾りなどにもアレンジすることができますよ。

まとめ
古くから伝わる日本の風習であるお正月飾り。生活のスタイルが変わっても「新しい年
がよい年であるように」との人々の願いは変わりません。
今年の年末も、それぞれの家庭に合わせたお正月飾りを使って、新年を気持ちよく迎える
準備をしましょう。

-未分類

Copyright© マンション理事長の苦悩のつぶやき , 2020 All Rights Reserved.